装飾品

・彫刻

「西町の彫り物」をご覧ください。

・勾欄

中段には、2か所にこうらんが取り付けられているため、上部を高欄、下部を勾欄と使い分けている。勾欄には、青貝(カワシンジュガイ)が用いられた、繊細な螺鈿細工が施されています。

・幕類

見送り幕

日覆いの後部の虹梁から掲げる見送り幕は、作者は不明ですが、京都で作られたと伝わっています。隋代の故事を元に、鉄拐仙人が小人を吐き出す場面が刺繍してあります。彫刻の鉄拐仙人の構図が似ているため、模して制作されていると推測されています。