愛宕神社は、養老町高田にある神社で、西町の住民によって、京都の愛宕山の火産霊神(ほむすびのかみ)をお迎えし、建立されました。防火、現在では広く防災を祈願し、地域住民をお守りいただいております。高田まつりは、愛宕神社の例大祭に付随して行われる祭礼です。

起源については不明です。1596年~1615年(慶長年間)より前から存在し、愛宕堂と呼ばれていたという言い伝えがあります。1759年(宝暦9年)の祭礼に、下河原の若衆がにわか獅子を奉芸した。1762年(宝暦12年)に御旅所を建立しました。

1794年(安永8年)12月24日下河原町内で出火、御旅所の土蔵焼失。1794年(寛政6年)11月20日夜に発生し翌21日夜に鎮火した「高田の大火」により焼失しました。この火災では、愛宕神社、住家254軒、添屋52軒、土蔵89棟、景陽寺鐘棲等合計397の建物が焼失し、古文書も多くが焼失しました。その後、1820年(文政3年)に再建。1823年(文政6年)12月29日に横町(現:常盤町)内で出火、御旅所が焼失。8月に遷宮が行われて現在に至ります。江戸後期までは、本地仏地蔵菩薩が安置されておりましたが、神仏分離令により、同町高田の即心寺に安置されることとなりました。現在は?

高田地区の住民の大部分が、愛宕神社と田代神社を氏神として崇める珍しい地区となっています。愛宕神社の例大祭と高田まつりを高田の春祭、田代神社の例大祭(通称:太鼓祭り)を高田の秋祭と呼称しています。

神社本殿の天井には、元高田出身の画家、日比野鶴翁による絵天井雲竜の画が描かれています。鶴翁は1764年(明和元年)に生まれ。岐阜の鶴洲に師事し、写実的な作風である南蘋派の画家として活躍しました。この天井図は元々は大きな1枚絵でしたが、本殿を修繕する際に4枚に分断されました。景陽寺の襖絵(養老町高田)、万歳閣軕(同町室原)等が残されています。

本殿北側の北野神社は天満大神(菅原道真公)を祀り、1804年~1818年(文化年間)の間に建立されたものです。毎年8月3日と4日に例大祭が執り行われ、地域住民には「北野天満宮」と呼ばれ、親しまれています。

また1837年(天保8年)の古文書「愛宕神社奉納額」は、天保の大飢饉の際に奉納されたものを記した絵馬で、粥施行(富を築いている者が、食べ物を分け与えること)について記載されています。また、酒一升三〇〇文、塩六四文、味噌三〇〇文というように、当時の売買価格が記載されています。こちらは、町指定有形文化財に指定されています。

社務所は、西町軕組の寄合所や、お囃子の稽古場として使われています。愛宕神社例大祭、高田まつり以外にも、西町子ども会のラジオ体操が行われるなど、親しみのある神社です。

境内には、イチョウがモミジに寄生している珍しい樹木があり、毎年秋には、鮮やかな赤色のモミジと、黄色のイチョウを1本の樹木から見ることができます。