・高田まつりの開催日・開催時間の変遷
高田まつりは、その歴史とともに、開催日や時間も変化しています。江戸時代に高田まつりが始まったころは、6月23日・24日の開催でしたが、のちに、5月18日・19日の開催となりました。また宵軕開始時刻も、昭和中・後期から午後9時から午後7時開始へ。平成に入り5月の第3土日開催というように変化しています。しかし、儀式の開始時刻については、古来から時間厳守で行われると言われています。


・軕の解体保存と軕倉の完成
高田祭りの軕は、かつては解体保存されていたようで、彫刻や金物などの彫刻品は有力な家々で保管されていたという話が伝わっています。昭和に入り軕倉が作られるようになってからは、軕は骨組み状態まで装飾品などを取り外し、保管されるようになりました。


・幻の神輿(神事)
この写真は、愛宕神社社務所に飾られている写真で、昭和28年に御旅所前で撮影されたものと思われます。現在のご神体行列では使用されていない神輿が用いられていたことがわかります。この神輿は、現存していて、御旅所に保管されています。いつか復帰させたいものです。


・お囃子稽古(西町)
子どもが多かった昭和初期は、景陽寺の本堂で行われていました。しかし、笛や大太鼓、締め太鼓等の楽器は、若い衆と担当がすでに決まっていました。小さな子供は、座布団もないまま板の間に正座し、楽器も触らせてもらえなかったことすらあったそうです。
現在では、少子高齢化が進みマンツーマンの稽古が行われていますが、昔ほど厳しいものではなくお囃子が徐々に簡略化されているといわれています。


・幻の草笛(西町)
昭和の戦後頃まで、西町では自作の草笛でお囃子を演奏していました。1800年頃に使われていたという草笛が現存しています。この笛は、代々西町のお囃子のゆかりのある人物に継承され現在でも大切に保管されています。


・軕曳き
現在では、各軕組の人間や、ボランティアによって曳かれている軕ですが、昭和中期あたりまでは、西町、中・東町は近隣から主に農民を募り、賃金を払って曳いてもらっていたそうです。当時、人夫(にんぷ)、人足(にんそく)と呼ばれていたそうです。


・御神灯と幕
本楽では、各家々では、御神灯と幕を張りました。また、ご神体行列が家の前を通過する場合は、家人は頭を下げるなどのしきたりがありましたが、現在は薄れつつあり、幕を張る家も減っています。


・貴重品の落下(西町)
祭礼中、お囃子をしている子どもたちから、「カメが落ちてきた!」との声。すぐに貴重品係が駆けつけ「カメなんてあったかな」と確認する。子どもの手には、輪投げで取った金メッキのカメの置物が…。「なんやおもちゃやないか!」と言って、戻っていく大人を見て笑う子どもたち。今現在は、そんないたずらをする子どもも少なくなり、カメの落下は起きていない。


・秘密基地(西町)
西町の軕倉が、現在の場所に新築される前の話です。祭礼後、骨組み状態の猩々は、一旦軕会所で路駐されていました。夜間は、大人たちが軕会所で夜警を行い、子どもたちは、軕の中で遊んでいました、屋根を下げている状態なので内部は狭く、暗い中でしたが、カードゲームや雑談をして、子どもなりにまつりを楽しんでいました。現在は、毎回軕倉の中へ軕を戻すようになったため、子どもによる夜警は行われなくなりました。


・ジャッキアップ(各軕組)
軕倉に収まっている状態の軕は、ジャッキアップされています。これは車輪、車軸への負荷軽減を目的としています。


・ロケットパンチ!!(東)
いたずらをする鶴を、唐子が追いかける動作は、激しい動作になります。その時に、腕が外れて肘から先が飛んでいくことが度々ありました(これをロケットパンチと呼ばれていました)。現在は、修理され、腕が飛ぶことはなくなりましたが、それほどまで、唐子は怒っていたのでしょうか…。