5月第3土曜日「試楽」

午前中:各軕が試楽用の飾りつけ。曳き軕開始まで軕倉前で据え置かれます。

15時:3軕曳き出し。

16時20分:下河原軕組が常盤町神明神社で神楽奉納を行います。

17時:3軕は西町と中町の境に集結し『曳き寄せの儀』が執り行われます。各軕組の役員らが、まつりの開催を告げ、盛大に、無事に終えることを願います。

19時~21時:軕倉前3軕がライトアップされます。お囃子の生演奏や、からくり人形の実演が行われる場合もあります。


5月第4月曜日「本楽」

・午前の部

7時頃:各軕が本楽用の飾りつけ。

9時15分:下河原軕組が御旅所に神楽獅子を奉芸。神楽獅子軕、林和靖軕、猩々軕の順で愛宕神社に向かい、それぞれ獅子舞、からくり奉芸を行い、商店街の西端まで曳かれ、据え置きます。

11時:愛宕神社本殿で氏子総代や各軕組の役員らが参列し、宮司により『祝詞の儀』の奏上を行い、舞姫による『浦安の舞』が奉納されます。その後、ご神体が神社から御旅所へ遷られる準備をし、『神幸の儀』に移ります。ご神体は商店街を一回りし、御旅所へ遷られます。


・午後の部

13時30分:3軕曳き出し。その年の順番で御旅所へ向かいます。道中では、神事課の家、辻道で奉芸。

17時頃:御旅所に最後の奉芸。その後、各軕は宵軕用の飾りつけ。


・宵軕

20時:御旅所ではご神体が本殿に還られる準備をし、『還幸の儀』を行います。ご神体行列の後を、提灯や雪洞で輝く3軕が、猩々軕、林和靖軕、神楽獅子軕の順で随行します。

21時頃:愛宕神社にて神様をお見送りします。

21時20分:西町と中町の境に曳き寄せられ『曳き別れの儀』を行い、まつりが無事に終了したことを告げ、幕を閉じます。

→まつりの流れ(詳細)