地元民ならではの秘話をご紹介します。

・高田まつりの開催日や時間の変遷
高田まつりが始まった江戸時代は6月23日・24日の固定開催でしたが、のちに5月の18日・19日の固定開催になりました。戦後の昭和中後期頃に宵軕の開催時刻が21時開始から19時開始になり。平成に入り現在の5月第3土日開催になりました。

・軕の保存方法①(各軕組)
高田まつりの軕は、かつては解体保存されていたようです。彫刻や金物などの貴重品は有力者の家々で保管されていたと伝承されています。昭和に入り各軕蔵が作られるようになってからは、軕を解体保存することはなくなりました。

車輪を浮かせています

・軕の保存方法②(各軕組)
まつりシーズンではない期間は、軕はジャッキアップされて保存しています。車輪や車軸への負担を軽減することをが目的です。
平成中期から行われるようになりましたが、他の地域のまつりでも一般的に行われています。

中央に写るのが神輿の屋根

・幻の神輿(愛宕神社)
かつての神様がお旅をされる際には、お神輿で渡御されていました。それが戦後になり、経緯は不明ですが、神籬台が役割を担うことになりました。
しかし、お神輿は現存していて、現在も大切に保管されています。
この写真は、1953年(昭和28年)に御旅所前で撮影されたものです。

・お囃子の稽古(西町)
西町のお囃子の稽古は、今でこそ少子高齢化により、マンツーマンかそれ以上の手厚い指導が行われています。
昭和初期頃には、景陽寺の本堂で行われていました。当時は子どもたちも多く、活気があったそうです。しかし、まつりで笛や締め太鼓、大太鼓を演奏できる人間は上級生であり、小さい子どもたちは、座布団もないまま板の間に正座し、楽器を触ることもできないこともあったそうです。それでも、見よう見まねで技術を盗み、囃子方になるのを夢見て努力を重ねたようです。

・幻の草笛(西町)
戦後から現在に至るまで、西町のお囃子は、菊田雅楽器店の間尺笛が用いられています。しかし、それ以前は草笛を自作し演奏していました。当時の草笛は1本だけ現在しており、代々西町のお囃子にゆかりのある人物に継承されています。

・軕曳き(西町)
昭和中期まで、軕は高田地区近隣の農民を雇い曳いていたそうです。
当時は、人夫(にんぷ)や人足(にんそく)と呼ばれていたそうです。その後、平成中期までは軕組の関係者で曳くようになりました。現在では、現在では、人口減少により軕組の関係者だけではなく、ボランティアの方々も含め、軕曳きが行われています。

幕などは代々受け継がれています

・御神灯と幕(西町)
本楽では、軕組関係者の自宅では、御神灯と家紋入りの幕を張りました。この幕の色は基本的には青系統の色が用いられていますが、旧家等は伝統的に白色の幕を張る習慣がありました。現在では、伝統的な日本家屋が減少しているため、幕を張る家も少なくなっています。

・貴重品の落下(西町)
軕は数多くの装飾品で飾られています。軕の運行中、部品が落下する場合もあり、すぐに貴重品係が確認し回収します。ある年、囃子方の男の子が「カメが落ちてきた!」と声を上げました。過ぎに貴重品係が駆け寄り「カメなんてあったかな」と首をかしげる。男の子の手には輪投げで取った金メッキのカメの置物が。「なんや!おもちゃやないか!」と言い、持ち場に戻る大人を見て笑う子どもたち。男の子は成長しこのホームページを管理するようになりました。現在では、私のような悪ガキが少なくなったため、カメの落下は起きていない。

軕会所前に置かれた軕

・秘密基地(西町)
西町の軕蔵が現在の場所に建て替えられる前の話です。まつりの日程を終えた軕は、装飾品を取り外し骨組みの状態で軕会所前に路駐されていました。そのため、夜間は大人たちが軕会所で夜警を行い、子どもたちは軕の中で遊んでいました。屋根を下げている状態なので内部は狭いものの、カードゲームや雑談をして、子どもならではのまつりの楽しみ方をしていました。軕蔵が移転し、路駐されなくなった現在は、子どもたちによる夜警は行われなくなりました。

・ロケットパンチ(東)
林和靖軕のからくり奉芸で、鶴のいたずらに気づいた唐子が、鶴を追いかけ回す場面は見どころの一つです。元々、繊細な動きを表現できる鶴と唐子のからくりが、激しく動くため、人形方にとって腕の見せ所となっています。
その際に、唐子の肘から先が外れ、飛んで行ってしまうことが度々あった。これは、ロケットパンチと呼ばれ名物の一つでもありました。平成中期に、唐子人形が修理されて以降、ロケットパンチは起きていません。

・雨のジンクス(雑学)
高田まつりに限らず、曳軕を行うまつりでは天気が良好でなければ軕を曳くことはできません。小雨や降水確率が50パーセントといった判断に迷う場合には、まつり関係者は複数の天気予報を情報が更新されるたびにチェックすることになります。
西濃地区では、5月の初めから順番に垂井曳軕まつりや揖斐祭り、大垣まつりと続き、春の曳軕まつりの最後を飾るのが高田まつりとなります。軕組関係者や高田地区の住民の間では「大垣まつりが晴れれば、高田まつりが雨になる」と昔から言われています。記録がとられているわけではありませんが、昔からの言い伝えはどこか説得力があるように感じますね。