彫刻や采振人形部分が「前軕」
巻き込み防止の「輪掛け」
軕の回転
屋根(左:下がった状態/右:上がった状態)
一本舵

軕や山車は、構造等で型や形式と呼ばれる分類がされています。高田まつりの現存する3軕は「高田型」と呼ばれています。文献によっては名古屋型とされている場合もあります。

軕は、からくり人形を操作する場所や屋根部分を指す上段、人が乗り込みお囃子などを奏でる場所を指す中段、車輪や台座を指す下段と呼ばれています。

まず、名古屋型の主な特徴として以下が挙げられます。
・中段に前軕が存在していること。
・下段の車輪部分に、巻き込み防止の輪掛けがあること。

高田型は、名古屋型の主な特徴を備えさらに以下の特徴があります。
・下段を動かさずに、中段以上を360度自在に回転させることができる。
・屋根の上げ下げができる。
・一本舵(軕の進行方向を変えるための舵が前後で1本)である。

高田型の最大の特徴は回転機構ですが、これは中段と下段を芯棒という1本の軸でつながっているだけで、普段は回転しないように杭で固定されています。これにより、昔から道幅が狭い高田商店街を、軕自体の向きを変えずに、軕の上中段を回転させることで、愛宕神社などへの奉芸時に軕を正面に向けることが可能となります。軕自体を回転させる必要がないため、道幅の割に軕はとても大きなものとなっています。

この回転機構自体は、「関の山」の語源となっている関まつり(三重県関町)をはじめ、関東方面でのまつりでも類似構造を見ることができます。

なお、照鱗閣軕は、子供歌舞伎を芸とする軕であったため、長浜型です。

・軕の回転
軕を回転させる場合には、軕の角々に配置されている四隅(よすみ)と呼ばれる係が、周囲の観光客を巻き込まないように気を配りながら、拍子木の合図で8人前後で回転させます。

・屋根の上下
屋根が上下できることで1メートル前後高さを変えることが可能です。屋根を下げることにより、軕蔵の高さを抑えることができ、鯱などの屋根飾りの取り付けも容易になります。屋根の上げ下げは四方に2人ずつ計8人で行います。

・一本舵
進行方向の変更は、舵方と呼ばれる若衆が梶棒を肩で担ぎ上げて向きを変える方法が主流です。しかし、高田まつりでは、舵方が梶棒を押す方法が採用されています。進行方向を調整する場合は梶棒に体重をかけて徐々に変えます。進行方向を大きく変える場合は、若衆が「せーの」の掛け声で勢いよく方向を変えます。