猩々軕本楽全景
雲竜水引幕
入母屋改良型の屋根
鉄拐仙人見送り幕
宵軕の猩々軕

西町軕組(正式名称:西町軕仲間)が所有する猩々軕(しょうじょうやま)は、1762年(宝暦12年)に軕を求めてから歴史が始まります。

1794年(寛政6年)11月20日夜に発生した「高田の大火」により焼失しています。

大火後、軕組内各戸が「一日一文銭」という積立金を始め再建費の半分を集め、温故社(当時の有力者である日比七兵衛他6名)が残り半分を出し、再建費が集まりました。1822年(文政5年)に再建が始まり、江州(滋賀県長浜市)の大工によって白木の一厘を製作し、その後、10年をかけて1832年(天保3年)に軕の漆塗りが完成し、大火から40年の歳月を経て軕の再建が完了しました。悲願の軕の再建が完了し、当時の軕組関係者は泣いて喜んだと伝えられています。
この頃の軕は、猩々軕ではなく布袋軕であったという言い伝えがあり、お囃子に使われている締め太鼓の内側にも「安政3年 布袋山連中」という墨書きが残されています。

1844年(天保15年)から1857年(安政4年)までの14年間で修理を行い、1867年(慶応3年)に下勾欄(中段の手すり)の青貝塗、1869年(明治2年)に上勾欄の金具取り付け、1878年(明治11年)に日覆(屋根)裏修理、1920年(大正9年)に軕蔵を建設。1930年(昭和5年)に日覆金物新調、1942年(昭和17年)に波兎水引の修繕、翌1943年(昭和18年)に雲龍水引幕の修繕、2007年(平成19年)に軕蔵の建て替えを行っています。

猩々軕の特徴は、屋根については入母屋平入造りの改良型で、左右には千鳥破風になっており、前後には獅子頭、左右に鯱が置かれています。装飾品については、勾欄の青貝塗(貝の殻を薄切りにし張り付けたもの)は緻密な作業で製作されており、びっしりと青貝が張り付けられています。本楽用見送り幕は作者は不明ですが、京都の職人によって作られたものと言われ、中国の隋代の故事を基に、鉄拐仙人が小人を吐き出す場面が刺繍されています。見送り幕をご覧の際には、彫刻の鉄拐仙人と見比べてください。

お囃子には、間尺笛、締め太鼓、平吊り大太鼓が用いられています。かつては鼓を使っていたと言われており、実際に古い大鼓が現存しています。曲目は、からくりの「猩々」。道中囃子は難易度順に「ひゃらりー(おひゃり)」「二・一」「親鳥」「早神楽」「六斎(そおりゃ)」の6曲があります。現在では演奏されていない曲もあります。
また「早神楽」は、東軕組の曲目が西町軕組に伝わり手を加え、西町軕組流「早神楽」となっています。ただし、本来は西町軕組の曲ではないため、演奏には強い制限がかけられ、まつり期間中で演奏されるのは、本楽曳き別れ後(高田まつりが終了したと宣言されたあと)の10分程度しか演奏されません。
さらに「親鳥」と、東軕組の「しゃんぎり」についても曲調が似ていますが、関連はわかっていません。

猩々軕は、高さ(最大)6.37m、間口2.98m、奥行3.9mです。