高田まつりは、岐阜県養老町高田で毎年5月の第3土曜日(試楽)、日曜日(本楽)に挙行されます。愛宕神社の火産霊神をお祀りし、防火祈願や広く防災を祈願して行われる祭礼です。

養老町高田地区は、古来から田代神社を氏神としており、その例祭は下高田地区の住民が中心となり行われていました。しかし江戸中期に下高田と西町の住民で出し物についての意見の相違があり、西町は独自に神社を建立する動きが高まりました。そして、京都愛宕山から火産霊神をお迎えし、愛宕神社を建立しました。

それから数年後、1759年(宝暦9年)6月24日に行われていた愛宕神社の祭礼に下河原の若衆が獅子にわかを奉納し、1762年(宝暦12年)に獅子軕を求めました。同年には、神輿、西町や東・中町の軕の製作が始まり、12月には東町の土地を購入し、御旅先としました。

これが高田まつりの始まりです。

現在までに、「高田の大火」による近隣の焼失、開催日程の変更、常盤町が照照鱗閣軕を製作し後に廃止するというような様々な出来事を経て、現在に至ります。

1956年(昭和31年)に、猩々軕の立川流彫刻39面が岐阜県の彫刻文化財に指定され、1980年(昭和55年)9月1日に「高田曳軕保存会」が設立され、同年11月11日に現存する猩々軕・林和靖軕・神楽獅子軕が岐阜県の重要有形民俗文化財に指定されました。現在、まつりは「高田まつり実行委員会」が主催しています。