準備からまつり当日、片付けまで、軕組がどのような活動を行うのかご紹介します。
愛宕神社、高田祭実行委員会、高田曳軕保存会の活動は省略します。

からくり稽古風景
西町軕会所
『曳き寄せの儀』
『神幸の儀』
本番前の準備
宵軕の愛宕神社前集結
『曳き別れの儀』
軕下ろし

各軕組は、4月初めまでには責任者や役員の選出が行われます。西町軕組を例にすると、選挙で祭事委員15人が選出されます。その中から、総責任者となる祭事委員長、理事や会計の三役が選任されます。他の祭事委員も軕曳係、貴重品係や提灯係、賄係など10以上ある係を分担します。また、愛宕神社に仕える神事課(じんじか)も選出されます。神事課は、愛宕神社と軕組の仲介役で、人生で2度しか務めることができない役職です。個々の役割に応じ、それぞれ準備を始めていきます。

5月に入ると、お囃子やからくり人形、獅子舞の稽古も本格化し、夜の商店街にも音色が響き渡るため、まつりシーズンの到来を告げる代名詞でもあります。

かつては、5月5日にはまつりの開催をするか否かの決定をする関係者の集まり「初寄会」が行われ、まつり直近の金曜日には「地ならし」が行われていました。地ならしは、まだ道路が舗装されていなかった頃に実際に軕を曳き必要があれば補修を行う目的で行われ、舗装後も実際に軕を曳くことで不具合がないか確認を行っていました。2002年(平成14年)に西町軕組が行ったのを最後に移行は行われていません。

そして、まつりを迎えます。
5月第3土曜日「試楽」(しがく)は、午前中に軕蔵から軕を曳き出し、飾りつけを行い、軕曳き開始まで公開されます。15時には曳軕が始まり、それぞれ所属する軕組内を曳き、西町と中町の境に集結し、17時には『曳き寄せの儀』が執り行われ、まつりの開催が告げられます。
その後、19時~21時まで、軕のライトアップが行われます。これは、2010年(平成22年)から始まった試みで、各軕組によってお囃子の披露が行われる場合もあります。

5月第3日曜日「本楽」(ほんがく)は、午前、午後、宵軕(よいやま)と3部に分かれています。7時ごろから飾りつけが行われます。
午前の部。午前9時に御旅所で獅子舞の奉芸が行われ、9時15分から神楽獅子軕、林和靖軕、猩々軕の順番に愛宕神社に向け曳軕が始まります。10時に愛宕神社に到着し、獅子舞やからくりの奉芸を行い、商店街西端まで曳かれ、午後の部開始まで展示されます。一方、11時から愛宕神社本殿において氏子総代、各軕組関係者参列の元、宮司による『祝詞の儀』奏上、巫女による『浦安の舞』ののち、神様を御旅所にご案内する『神幸の儀』(しんこうのぎ)が始まります。神籬台(ひもろぎだい)のご神木に遷られた神様を、ご神体行列を組み、商店街を一回りしたのち御旅所に向かいます。御旅所に神様が遷られ、午前の部が終了となります。

午後の部。13時30分より曳軕が開始されます、その年の順番で曳き出された軕は、御旅所に向かいます。道中では、辻々や神事課宅、最後は御旅所に向けてからくりと獅子舞の奉芸を行い、17時ごろに行程が終了します。その後、各軕は速やかに宵軕に向け、飾りの付け替えや、200個近い提灯や雪洞の取り付けを行います。

宵軕。20時に御旅所において、神様が再び愛宕神社本殿に戻られるための『還幸の儀』(かんこうのぎ)が行われ、ご神体行列を組み、神様が移動されます。その後ろを、猩々軕、林和靖軕、神楽獅子軕の順番で随行し、愛宕神社に到着。神様が神社に戻られます。神様を無事にお見送りした後、再び西町と中町の境に曳寄せられ、21時20分に『曳き別れの儀』が執り行われ、まつりの終了が告げられます。その後、各軕はそれぞれの蔵に戻り、まつりの幕が下ります。

まつりの後は、装飾品をすべて取り外し、軕を骨組み状態にし、軕蔵に収める軕下ろしが行われます。その後、直会(なおらい)や、会計処理が行われ、次年のまつりにむけ準備が始まります。