西町軕下ろし

西町軕組で、軕下ろしを行いました。通常であれば、軕組の関係者総出で行いますが、コロナ禍のため、役員や有志のみで、風通しや防虫剤の入れ替えのみ行いました。

まつりの時以外は、軕はジャッキアップし、車軸への負荷を軽減させています。幕や彫刻といった装飾品は汚れ付着防止のため白布で包み、防虫剤を入れ保管しています。

西町軕組としても、町内会の西町としても、顔を合わせるのは久々で嬉しくもありました。コロナが終息し、来年のまつりが無事開催できるように願います。

松鷲(静)の彫刻のみ、写真に収めることができました。松鷲は、江戸時代に活躍した立川流彫刻の最高傑作と評される彫刻です。獲物に今にも飛びかかろうとする松鷲(動)と、凛と佇む松鷲(静)の2面があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です