雄猩々のからくり人形

西町軕組の猩々人形は、雄雌の2体存在しますが、実際に操作されるのは、雄猩々のみです。

雄猩々は、まつりが近づくと写真のように簡単な衣装を着させて稽古が行われています。扇子などがない状態ですね。

祭礼中は、本番の衣装を着させますが、着付けは大人が数人がかりで行います。今年も、天気に恵まれ本番の衣装の着付けができればいいのですが。

http://takada-matsuri.jp

#高田まつり#養老#岐阜

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。