名前で呼ぶか屋号で呼ぶか。

普段の生活の中で、多くの場合、苗字や名前、ニックネームで呼ばれることが大半かと思います。

高田まつりが行われる高田商店街一帯には、古くから構えているお店がいくつもあります。そんなお店の代表格の一つ、呉服屋さんを例に挙げますが、「山本屋」というお店があったとします。開業時は、山本さんだったかもしれませんが、今の店主は佐藤さんです。そう言った場合、佐藤さんと呼ぶより山本屋さんとか山本さんと呼ばれることも多々あります。

最近では、商店街もだいぶ寂しいものとなりましたが、高田まつり同様、屋号で呼ばれるようなお店がこれからも続きますように。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。