ジャッキアップ

軕、山車、屋台と言われるものの中で、完全に解体され保管される場合もありますが、高田の3軕は、祭礼以外の時にはほぼ全ての装飾品を外し、骨組みの状態で軕倉に保管されます。

その際に、土台をジャッキアップさせて、車輪を宙に浮かせた状態にします。これは、軕の自重で車軸や車輪を傷めないために施されています。

高山祭屋台会館で常設展示されている屋台も、ジャッキアップされているのを見ると、この作業は、いくつかのまつりでも行われていることかもしれませんね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。