幻の布袋軕

現在、西町軕組は、猩々夫婦のからくりを乗せた軕です。しかし、口伝えでは、かつては、布袋様を乗せた軕であったと伝えられています。

そのいわれを証明している可能性があるのが、西町軕組で現在使われている締め太鼓です。締め太鼓の胴の内側には、布袋軕連中と記されており、安政3年は西暦では1887年です。つまりは、高田の大火後も布袋軕として活躍していたことが推察されます。

現在の猩々からくり人形が使用され始めたのが、明治45年、西暦では1912年です。実はたった100年前は、布袋軕だったのかもしれません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。