子どもたちの夜警

今回は、私が子どものころのお話です。

西町軕組の猩々軕は、先代の軕倉は、今より少し遠方に建てられていたため、祭礼中は、軕会所の道路の路肩に路駐されていました。そのため、夜間には、大人たちが軕会所に集まり、順番で警護についていました。当然、そこは酒の席になり、熱気のこもる会でした。

そんな中、子どもたちは、軕の中で、カードゲームをしたり、携帯ゲーム機を持ち込んで遊んでいました。屋根が下されている状態なので狭く、遊びにくい環境でしたが、それでも、遅くまで遊んでいられること。軕に乗っていられることは、嬉しかった出来事でした。

現在では、軕倉が現在の場所に新築されたため、子どもたちによる夜警は行われなくなってしまいましたが、とてもよい思い出です。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。